手術室看護師が他科に転職するのに有利な科

初めて就職する科が手術室の方も少なからずおられると思います。希望の動機としては手術や体の中、麻酔に興味があったなど様々だと思います。その後経験を積んで他の科に転職する場合どの科が有利なのかを紹介したいと思います。

1.手術の内容を分かっている整形外科

手術室出身の一番の強みは一体どの様な主義や方法で手術を行っているかを実際にDrと着いて見て理解している点です。

病棟の方もある程度の手術の勉強をしますが、実際に見て体感し、Drの話を聞いたり先輩に確認しながら手術に着くのと参考書や手術記録を読んでいるだけでは知識や内容の把握には雲泥の差があります。

予め予定していた手術内容はあくまでも予定であり、実際に手術が開始されると途中で変更する事も多いにあり得ます。又、その方の疾患や怪我、病気の進行、合併具合により個別の手技が取られる事もあります。

その刻々と変化する状況を間近で体感する事で手術の後の看護にも役に立ちます。整形外科では体には異物となるボルトやネジを刺したりします。ただ腸を取るよりも感染のリスクはかなり上がります。

そこの看護や、器具の可動域を考えながらの看護等が役に立つ事になるでしょう。特に男性看護スタッフは力もあると言う事で手術室から整形外科に移動になるケースも多いようです。

手術を見ていないスタッフに言葉で説明してもなかなか伝わりにくい事も多いですが、自分が実際に一緒に手術についているとその経験が有利になります。

2.クリニックでは眼科

街の中や商店街の中には眼科のクリニックが多く営業しています。これからも超高齢社会は継続するなかで白内障は避けては通れない疾患になります。

街の中の眼科では日帰りで行える白内障の手術を取り扱っているクリニックが殆どです。普段は看護師不在で営業し、手術の日のみ看護師を雇い、手術の介助であったり静脈穿刺、ルートキープを依頼して運営しているクリニックもあります。

小さな個人の眼科クリニックですと週に1日を手術の日と決めておりそれ以外は眼科検診やコンタクトレンズ、眼鏡の調整、その他の処置を行っています。看護師としては週に1回の出勤になるのでダブルワークの方等が所属しています。

手術室勤務以外の方でも白内障の手術に着く事は可能ですが、如何せん、看護師不在のクリニックが多い中全く未知の状態で申し送りを聞く事は困難です。その為予め大きな病院等で手術室経験のある看護師を雇う事が殆どになります。

白内障の手術は看護師1年目等の経験が浅いスタッフでも着く事が出来る手術になるので手術室を経験した事のある看護師にとっては割のいい仕事になるでしょう。

3.あまり知られていないが、透析科

分かりやすい手術の一つにシャントの作成があります。シャントはその後透析へ移行する人の為の手術になります。一度作れば一生使える訳ではなく、ある程度の年数やその人の血管によっては数年で使用出来なくなってしまいます。

長い間透析を行っている方は数回シャントとの作り替えを余儀なくされる事もあります。シャントの作成方法も数種類あります。シャントを作成して早い人では一週間入院、透析をした後に退院し透析サテライトへ移行します。

その透析サテライトで勤務する場合、シャントの走行を知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。透析科で必ず手術室経験者が重宝される訳ではないのは、シャントの種類は有名でネットや参考書で調べると容易に想像出来るようになっています。

その為、あまり重宝される訳ではありませんが、知っていて透析科のスタッフになるのは強みだと言えます。他にもシャントが詰まった時にPTAを行う事があります。その方法も実際どの様な事をするのか知っていた方が患者さんにも説明がしやすいです。

以上の様に手術室からの転職は多くの可能性を秘めています。外来業務ばかり就いていると病棟勤務に少し尻ごみする事もありますが、手術室で培った経験や知識はそれ以降色々と役に立つ情報になるでしょう。

サイト経由によるお祝い金のメリット

お仕事探しをするとなると、しばしばお祝い金がポイントになります。特にネットで探す時には、その傾向が顕著です。

看護というお仕事で探す時にも、それがポイントになってくるのですね。ただしネットで探すのが条件となり、別の方法では発生しない点に注意を要します。

1.探す為の主な方法

まずそのお仕事を探す方法として代表的なのは、インターネットになります。いわゆるお仕事探しサイトなどを用いて、転職に関わる求人案件を探す事になる訳です。

しかしそれ以外にも色々な方法があって、例えば雑誌媒体などもあります。コンビニなどに行けば、求人関連の雑誌などが色々と販売されているでしょう。

それを用いて、看護師のお仕事を探す方法もあります。それに加えて、病院のポスターという方法もあるのです。病院によっては看護師を募集する為のポスターも掲示しているので、それでを仕事を探してみる方法もあります。つまり複数の種類がある訳ですね。

2.サイトによるお祝い金というシステム

ところでネットを用いて探す方法の場合は、お祝い金というシステムが見られる事もあります。例えばあるサイトを用いて、看護の案件を見つけたとします。

それで応募をして、めでたく転職先が決まったとしましょう。それで一定の条件を満たした時には、サイトからお祝い金が支給される事になるのです。

3.サイトは病院などからお金を受け取っている

なぜこのようなシステムが成立するかというと、サイトが成功報酬というシステムを採用しているからです。というのもサイトは病院から、お金を受け取っています。

上記のように転職先が成立した事によって、病院がサイトにお金を渡すシステムになっているのです。その一部が応募者に対して還元される事になるので、お祝い金が成立する仕組みになります。

4.サイト以外の方法ではお金が生じない

そしてここが一番のポイントなのですが、サイトを経由しないで病院での内定になったとしても、そのお金が支給される事はありません。

ですので雑誌媒体などによって求人を見て、電話による応募をした時などは、特にお金が発生する事も無い訳です。あくまでもサイト経由限定になります。したがってお金を受け取りたいと思うなら、必ずサイトから案件に応募するべきでしょう。

5.かなり多くの金額になる

ちなみにお祝い金による支給金額は、かなり高めです。サイトによっては10万円以上の金額が支給される事になっているので、やはりそれは軽視できないでしょう。

もちろん各サイトにより、支給金額なども異なります。ですので多くのお金を受取たい時には、やはりサイトから応募するのが望ましいです。

サイト経由がおすすめ

以上から、次のような事が言えます。

・サイトで転職に成功するとお祝い金が受け取れる
・サイトによっては10万円以上となる
・あくまでもサイトを経由した時限定

せっかく受け取れるチャンスがある以上は、サイトを経由しない手はありません。ですので基本的に看護師の転職は、サイトを経由して行うのが妥当とも言えるでしょう。

准看護師の私が転職に失敗した経験を語ります!

1.転職を考えた理由

病院で勤労学生として2年、准看護師として1年働いていましたが、看護師の資格を取るために看護学校の進学コースに入学し、病院を退職しました。

しかし、実習や学習についていけず途中で断念した後、縁があって介護福祉サービスの会社に就職、転属やサービス提供責任者への昇格を果たし、5年ほど通所介護事業所でお仕事をしていました。

しかし、ニュース等でご存知の方も多いと思いますが、介護福祉業界の給与は安く、やりがいと忙しさ、そしてお給料を天秤にかけた時、私の中で迷いが出ました。

このまま介護の仕事を続けるべきか、それとも一念発起して次のステージに踏み出すか考え始めていました。

2.転職活動のために行ったこと

先ず転職活動を始めるにあたり、自分は一体何がやりたいのか、今後はどういったところに進みたいいいのか、目的や目標などの洗い出しを始めました。

単純に給料がいいとか、今の仕事とは違う何かをやりたいだけでは、相手に伝わらないと思ったからです。その会社に入って私はこういった戦力になります!と言った自己PRがないと厳しいと思いました。

3.転職活動をやって分かったこと

住んでいるところと転職先が離れていると、移動がどうしても発生し、交通費がかかります。近場でしたらあまり考えなくても良かったのですが、例えば大阪から東京になりますと、往復の飛行機代か新幹線代などが掛かります。

またお仕事をしながらとなると、連休が取りづらいために日帰りをしないとなりませんでした。幸いにも通所介護なので、日勤帯しかありませんでしたが、もし夜勤をしていたらと思うと、かなりきついと思います。

ですので、転職活動を行うときは時間に余裕を持つことと、往復の交通費を捻出出来るよう、ある程度貯蓄をしていたほうが無難と考えられます。そして、面接を行うところで、相手のご担当者様にどう想いを伝えるか、勝負になります。

はじめに東京の医療機器関連会社への転職は、面接まで進みましたが最終的には落選しました。久しぶりの面接で、思うように出来なかったからだったと思います。

そして、次は転職支援のエージェントの方のご紹介で、大阪のとあるIT企業を受けることになりましたが、担当の方親身になっていただき、成功させるためのアドバイスなど、何かとお力添えをいただきました。

転職サイトを活用されることも多いと思いますが、転職エージェントの方との相性、ご縁も少なからず影響するかなと思いました。

4.念願の転職と挫折

転職エージェントの方のお力もあって、大阪のIT企業に就業することが出来ました。引越の段取りと、仕事の引き継ぎ、立つ鳥後は濁さないように円満退職に向けて準備を進めていきました。

そのIT企業は電子カルテシステムを開発、納品していて、看護師向けのシステムを導入するにあたり、大きな戦力と期待されていました。しかし、慣れない仕事と違う土地の文化に馴染めず、思うように業務を遂行できませんでした。

多忙のあまり、先輩への相談がうまく出来ず、先方との打ち合わせもうまく行かず、最終的に心身ともに疲弊して行き詰まってしまい、結局2年でその会社を去ることになりました。

まとめ.看護師の転職は成功するのか

結論から申し上げますと、私は可能だと思います。私の失敗談をまとめますと、

・看護師という資格に胡座をかいていた
・目先のことにとらわれ、転職した後のことを考えていなかった
・人間関係をうまく作れなかった

以上ことが私の転職失敗の大きな要因だと思います。常に謙虚で、貪欲に勉強する姿勢と、先輩に忙しかろうと厚かましく尋ね、人間関係を作ること、そして何より、次の仕事でどうしたいという明確なビジョンを持てば、成功に導けるものと考えられます。

採用率を高める為にスキルアップを頑張る

お仕事探しの成功率は、スキルとの関係性があります。いわゆる技術の高さなどは、お仕事の見つかりやすさにも関わってくるからです。

看護のお仕事を探すとなると、やはりそのスキルは重要です。ですので人によっては、技術向上に勤しむケースもあります。

1.スキルが高い方が優遇される

そもそも病院としては、やはり即戦力になり得る看護師を求める傾向があります。というのも病院としても、やはり時間の問題があります。人材を雇った後に研修を重視する事を考えている病院が多いですが、やはり割く事ができる時間の限界の問題もあるのです。

無制限に時間を割く事ができるかと言われれば、それは少々難しいですね。ですので、直ちに戦力として活躍できる方々を採用したいと考える病院も多いです。例えばAさんとBさんという方が居るとします。

Aさんの場合は看護スキルがかなり高く、チームプレイなども問題が無いとします。それに対してBさんの場合は未熟な一面があって、チームプレイなどは未経験な状態だとしましょう。

この場合病院としては、やはりAさんを高く評価する傾向があるのです。経験も豊富なだけに、現場で直ちに活躍できると考えられるからです。

逆にBさんのようにスキル不足となると、病院としてはチームプレイの研修なども必要になるでしょう。ですのでAさんの方が採用率が高めになります。

2.勉強会でスキルアップを試みる

そこでお仕事を探す方々としては、将来的な転職に備えて自己研鑽に勤しむケースも目立つのですね。現在チームプレイが難しい状況ならば、それに関する研修を受ける選択肢も浮上します。

看護業界などでは、上記のチームプレーに関わる勉強会等は、常に実施されているのですね。それに参加をすると、他の方々と協力をするスキルを磨くこともできます。

それで先方の病院から高く評価されると、最終的な内定率も高くなると考えられるのですね。つまりスキルアップを目指して、勉強会に参加する方法もある訳です。

3.人材紹介会社の訓練を受ける

また一部の人材紹介会社では、看護職として働きたい方々に対して、独自の訓練なども行ってくれます。というのも人材紹介会社としては、やはり1つでも多くの転職成功事例を作りたいのですね。

そのために登録者の方々に対して、研修などを行っても問題ないと考える紹介会社も目立ちます。ちなみにそのような訓練は、無料になっているケースも目立ちますね。つまり紹介会社の訓練を利用して、スキルアップを目指す選択肢もある訳です。

遠回りでも技術向上を心がける

そのため次のような事が言えるでしょう。

・スキルが高い人材の方が採用率は高い
・勉強会に参加してスキルを高める
・人材紹介会社の訓練という方法も

スキルを高めるための方法は、何も上記だけではありません。他にも様々な方法はあるので、自己研鑽に勤しむのも一法でしょう。スキルが高まれば、確かに採用率も高まります。一見遠回りに見えても、それらの方法で技術向上に励んでみるのも一法と言えます。

転職全般に関する相談に乗ってくれるコンサルタント

転職活動をすると、色々な壁に直面する傾向があります。それで大きな悩みを抱える方も、決して少なくありません。

書類の書き方に関する悩みなどの浮上しがちですし、自己PRに関わる悩みなどもあるのです。それを解決しようと思うなら、コンサルタントという選択肢があります。

1.人材紹介会社などのコンサルタント

そもそもお仕事を探す選択肢の1つに、人材紹介会社などを活用する方法があります。いわゆる登録型の会社ですね。そこを利用すると、多彩なサービスを受けられるのです。

お仕事探しなどがメインのサービスの1つですが、その他にもコンサルタントと呼ばれる方々が、そこには控えています。その方々に対する相談などは、紹介会社のメリットの1つでもあります。

2.書類に関するアドバイス

例えば前述の書類に関することがあります。そもそも転職活動を行うとなると、色々な書類の提出が必要になるでしょう。ただその必要書類も、状況によって色々と異なるのですね。

看護業界でお仕事を探す場合は、資格に関わる書面なども必要になってきますし、事前に在職していた病院などから書類の取り寄せが必要になる事もあります。ただそのような知識は、全ての方々はご存知とは限りません。

むしろそれをご存知ない方も非常に多いですね。そして看護師業界でのコンサルタントの方々は、もちろんその書類に関する知識が豊富です。効率的に書類を揃える為のアドバイスもしてくれるので、気軽に相談をしてみると良いでしょう。

3.志望動機などに関するメリット

またその書類に対して、志望動機などの記載する必要があります。看護師の転職では、志望動機の重要度はとても高いですね。それが上手くまとまっているか否かにより、採用率も大きく変わってくるからです。

ただ人によっては、まとめるのに苦労をしてしまっています。確かに自分の文章が妥当かどうかは、なかなか自分1人では分かりづらい一面がありますね。むしろ客観的なアドバイスを受ける方が、自分の志望動機の問題点なども分かりやすいものなのです。

そして前述のコンサルタントの方々は、その動機をまとめる上での助言なども行ってくれます。なかなか求めるのが難しい時には、相談してみるのも一法でしょう。

4.交渉に関するメリット

またコンサルタントは、給料交渉なども代行もしてくれます。看護師の転職理由としては、給料なども多いのですが、面接で給与交渉を行いたいと思う事もあるでしょう。

ただし、やはり言い出しにくい一面はありますね。コンサルタントの方々は、その給料に関する交渉なども行ってくれるので、存分に活用するのが良いでしょう。

気軽に相談してみる

このようにコンサルタントには、次のような魅力があります。

・書類に関するアドバイス
・志望動機をまとめる為の助言
・給料に関する交渉

つまりコンサルタントの方々は、転職に関する悩みやアドバイスなどを行ってくれるのですね。自分1人で悩まずに、気軽にコンサルタントに相談をする方が、転職も効率化すると思われます。

看護師の転職の成功ポイントとは何か?

看護師さんは転職される方が多い職種です。求人が多くて次のお仕事が見つけやすいこと、同じ科を選べばあまり仕事内容に大きな差がないことなどが理由でしょうか。

しかし、そのために安易な転職をして後悔するケースも少なくありません。せっかく見つけたお仕事なのですから、できれば長く勤めたいし、何度も就職活動をして無駄な時間を過ごしたくないですよね。

私自身、何度か転職を繰り返しましたが、今現在は満足できる職場で働いていますし、今後も働き続けたいと思っています。

そんな私自身の経験を交えて、転職の成功ポイントについてお話してみたいと思います。少しでも転職先の選択に迷っている看護師さんのお役に立てれば幸いです。

看護師転職サイトおすすめ比較ランキングの紹介します!|転職マスターPlus

1.「好き」が一番

みなさんは看護師のお仕事好きですか?私自身についてお話すると、実は不器用で容量が悪いタイプ。あまり看護師の仕事が得意ではないし、好きかと言われると微妙なところです。

でもそんな看護師の仕事の中でも好きなものがあるんですよね。それは「眼科看護師」のお仕事。眼科の看護師ってちょっと特殊な仕事が多いんです。

例えば視力検査したり、眼の写真を撮ったり、眼の長さを測ったりなどの仕事があって、それをやっていると楽しくて、多少忙しくてもお給料が少なくても、なんだか頑張れます。

一時期、ほかの科の仕事もしてみたいと思って、総合病院に転職したことがあったんですが、自分でも情けないほどあっけなく挫折しました。すべてに勝る物、それは「その仕事が好き」っていうことだと思います。

一口に看護師と言ってもいろんな職場があり、いろんな科があり、いろんな規模の病院があります。その中から自分の「好き」を見つけるのがまず第一歩ではないでしょうか。

2.あなたが絶対に妥協できないことは何?

「好き」を基準に転職先の候補をあげたら、その病院についてできる限りの情報を集めてください。そしてすべての病院の条件の中で「これだけは絶対に我慢できない」という点に印をつけていきましょう。

例えば「給料が安すぎる」「2交代制の夜勤は無理」「休みが少ない」「通勤時間が長すぎる」などです。100%満足できる職場なんて存在するわけはありませんし、あるとしたら誰も辞めないので求人の募集はないと思います(笑)。

最終的に我慢できないという印がもっとも少ない病院があなたの転職先候補です。もしかしたら他の条件はいいけど「通勤時間が長すぎる」だけは我慢できないのだとしたら、「病院の寮はないか」「引っ越しの検討はできないか」など別の角度から検討することも必要かもしれませんね。

3.できれば自分の眼で見に行く

「転職先候補」が見つかったら私は一度その病院を自分自身の目でみてみることをお勧めします。病院に連絡して見学するのも一つの方法ではありますが、少しいじわるな見方をすると「見学」では病院の悪い面が隠されてしまう場合があるのです。

できればですが、患者さんか患者さんの家族として行ってみるのがいいかもしれません。私自身、患者として何度か受診してみました。

その結果、病院の忙しさや職員の人間関係、どの程度分業化できているか、職員の能力など細かな部分をチェックでき、就職活動にはもちろん実際に仕事をはじめてからも役に立ったと感じています。

ただ、自分が職員となった今は、こんなタイプの患者さんが来たらちょっと敬遠したいとは思っていますが・・・・(笑)

転職とは「あなた自身を見つめなおす機会」

ここまでの内容からもわかるように転職は「働きたい職場を調査する機会」であると同時に「あなた自身を見つめなおす機会」でもあります。それさえきちんとできていれば、面接で何を聞かれても怖くありませんよね。

胸を張って「ここで働きたい」とアピールし、採用を勝ち取ってください。再度、転職する機会はなくなるはずです。

看護師の転職面接で必ず聞かれる質問3つ

看護師の転職面接では、必ずといっていいほど聞かれる質問がいくつかあります。必ず聞かれるということは言いかえるとそれだけ重要度が高い質問であるということですから、しっかりとその質問には対応できるようになっておかないとなりません。

そこでここでは、そんな質問にきちんと対応していく為にも、看護師の転職面接で必ず聞かれる質問を3つほど紹介していきたいと思います。

1.なぜこの病院なのかという質問

まず必ず聞かれるのは、数ある病院の中から何故この病院なのかという質問です。これらはもちろん一般企業の面接でも聞かれる質問ですが、一般企業では企業同士の違いが目立つ分、そこまでこの質問の比重は大きくありません。

ですが、病院の場合は、そこまで違いが大きく映ることも多くないので、こういう質問の比重が大きくなります。ですから、しっかりと他の病院と差別化を図っておかないとならないでしょう。

その病院を選んだ理由というよりは、他の病院ではダメだった理由を探していくと、この質問に対する100点の答えが見つかるはずです。

2.看護にあたって大切にしていること

看護観とも言いますが、看護をするにあたって、どういう事を大切にしているのか?ということも、必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

その看護観の部分で、病院側との意見の違いがあると、やはり看護師としてその病院で従事することは難しくなるでしょう。チームプレーが大切な業界ですから、それも仕方ないことでしょう。

でも、事前にこういう質問がくるとわかっていれば、幾らでもそうならないように対処することは出来ますね。その病院の看護観を、事前に調べておいて、上手く自分の看護観とすり合わせていけば良いだけですから。

無理して完全にその病院の看護観と一致させると、どこかでボロが出てしまうこともありますから、自分の本来の看護観から、ちょっと病院の看護観よりに擦り合わせていくくらいでちょうど良いでしょう。

3.転職を決意したきっかけ

転職を決意したきっかけというも、必ず聞かれる質問です。転職は、なにかきっかけがないとそうそう踏み出せるものではありませんよね。

何か大きな不満を感じるきっかけがあったにせよ、じわじわ不満が募っていったにせよ、いずれにしてもきっかけは必ず不満だったと思います。でも、転職の面接で転職のきっかけを聞かれて、前の病院の不満点をきっかけとしてあげるのはNGです。

そうしてネガティブな転職だというイメージをもたれると、こちらの評価はあがらないのです。ですから、そうではなく、スキルアップなどのポジティブなイメージの転職に思わせられるようなきっかけを述べるようにしていきましょう。

この3つの質問が特に重要

看護師の転職面接ではこの3つの質問が特に重要な質問になります。もう一度まとめると、

・なぜこの病院なのかという差別化の質問
・看護観の確認
・ポジティブな転職かネガティブな転職かの確認

という3つの質問になります。この3つで印象を悪くすると、まず面接突破は難しくなりますから、まずはこの3つの質問に対して、自信のある答えを用意していってください。

看護師 – Wikipedia