転職活動の面接において給料の交渉をしてみる

新たな仕事を探すとなると、給料がポイントになっている事があります。というのも求職をする方々の中には、現在のを勤め先の給料に関する不満を抱えている事もあるからです。

それで面接時に、交渉が行われるケースも見られます。看護業界でも、そのようなケースが多々あるのですね。

1.給料に関する不満がある看護師

そもそも病院から支給される給与などは、必ずしも妥当な金額とは限りません。中には、金額が少し少なめな事もあるのです。それで従業員としては、不満を覚える事もあるのですね。

例えば看護業務による1ヶ月の給料が、23万だったとします。それで不満を覚える方々も、たまに見られるのです。精一杯頑張って23万では、少々不服だと思う方々も見られます。

23万などではなく、26万が妥当といった具合です。現に一部の病院では、確かに正当ではないケースもあるのです。もう少し多めな支給金額になるべきなら、確かに転職をするのも一法と言えます。

2.別の病院なら給料は高めになる可能性が

それで別の病院に移る選択肢が浮上するのですね。現在23万の病院で働いているなら、26万近くの病院で勤務する選択肢も浮上するでしょう。

つまり転職によって、給料アップを目指す方法がある訳です。現にその方法によって、給料がアップしている事例も確かに見られます。

3.面接時に交渉を行う

ところで転職活動を行うとなると、当然ながら別の病院での面接も行われます。そしてその場にて、給料に関する交渉が行われるケースもしばしば見られるのですね。

例えばある時に求人案件を見つけて、その際に給料が25万と記載されていたとします。その場合、あえてその病院への応募をするのも一法なのです。

なぜなら交渉次第では、給料がアップする可能性もあるからです。求人広告には25万と書かれていても、交渉次第ではそれを26万などと高めにする事も、不可能ではありません。

現に一部の方々が交渉を行って、給料がアップできた事例もあります。ですので試しに給料に関する事を話してみるのも一法なのですね。

4.紹介会社による代行のサービス

ただ交渉をした方が良いと分かっていても、なかなかそれが難しい事もあるでしょう。

何せ言い回しの問題などもあります。病院に対して給料の交渉をするにしても、なかなか伝え方が難しいケースもあるからです。その場合は、紹介会社に任せてみるのも一法です。

一部の人材紹介会社などでは、給料交渉の代行なども行ってくれるからです。ですので給料アップを目的にお仕事を探すなら、自分の希望年収などを紹介会社に伝えてみるのも良いでしょう。それだけでも、成功率もだいぶ変わってくるからです。

給料交渉の話を知っておく

すなわち次のような事が言えます。

・現在の病院の給料が低い
・高めな病院に転職する選択肢もある
・面接にて給料がアップする事もある
・面接で交渉をしてみるのも一法

現在の病院でなかなか給料アップが見込めないなら、確かに転職をしてみるのも一法でしょう。それで転職先にて給料を上げる為にも、上記のような交渉の話は頭に入れておくのが良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です